マスク着用による熱中症や酸欠などの症状にご注意ください。

マスク着用による熱中症や酸欠などの症状にご注意ください。



当院では、感染拡大予防のため、
また、マスク不足解消の一助のため、
子供用の手作りマスクボランティアを続けております。
それと同時に、今日は、大切なお知らせをさせて頂きます。

マスク着用は、感染拡大予防に一役かってくれる一方で、
これからの季節は、注意が必要となります。
大人も子供も同じですが、
特に、小さなお子さん、お年寄りの方はご注意ください。

マスク着用により、通気が妨げられますので、
マスク着用のまま、
長時間、お外で作業をしたり、
かけっこをしたり、
一生懸命、自転車をこいだりすると、
体調を崩す可能性があります。

春の陽気がとても気持ちのいい季節ではありますが、
徐々に気温も高くなってきており、
また、緊急事態宣言解除に伴い、
今後、外出の機会も増えるかと思われます。
お身体には充分に気を付けて、お過ごしください。


昨日、小児科医会からも、
2歳未満のお子さんのマスク着用について注意喚起がなされました。
ご参考になさってください。